世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

男のショートヘアについて!セット方法や注意することをご紹介

2018.6.2

男のショートヘアってさわやかですし人気のある髪型ですよね。しかし、うまくセットができないと悩んでいる男性も多いといいます。

どうして思ったようにセットすることができないのでしょうか?また、せっかくセットしても少ししたらペチャっとつぶれてしまったり…。

どのようにしたらセットがうまくいくのか、また髪が硬い男性はどのようにするといいのかなど男性のショートヘアについてをご紹介していきます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

部屋が暑いときの対策とは?オススメ換気扇の活用法

部屋が暑いときに涼しくするためには、できればクーラーなどを使わずに経済的に済ませたいですよね。 ...

視力が「0.5」なら眼鏡は必要かどうかを検証!

視力がどのくらいなら眼鏡が必要なのでしょうか? 大人と子供では多少の違いがあります。 視力が...

自分で作るスカートに必要な生地の長さと注意点について

可愛い生地を見つけると、何かを作りたくなってしまいますよね。ちょっと難しそうな洋服もスカートなら簡単...

物を捨てたい心理とは?捨てられないときは?捨てるコツ

人が物を捨てたいと感じるときってどんな心理状態なのでしょうか? 最近では、断捨離なんて言葉も流...

顔を小さくするにはどんな方法がある?姿勢が悪いと顔デカに

顔を小さくするにはどんな方法があるのでしょうか?家でできる簡単なマッサージやエクササイズ方法を紹介し...

筆ペンの書き方は?左利きでも上手に筆ペンで書くコツを解説

左利きの人の中には、筆ペンで綺麗に文字を書くことができるようになりたいと思っている人もいますよね。冠...

チューリップの球根の正しい保存法と球根の大きさについて

来年もきれいな花を咲かせるために、チューリップの球根を保存したいと考えている人も多いでしょう。 ...

生地を染める簡単な方法と低コストな材料。オリジナルを作ろう

古い洋服のリメイクやシミがついてしまった洋服など、生地を染めることで違った味わいが楽しめます。 ...

髪色を暗くしたいのに色落ちしてしまう原因と、その対処法

髪色を暗くしたいのに、何度染めても色落ちして明るくなってしまう・・・なんてことがありますよね。 ...

湿度の平均はどのくらい?快適な部屋の湿度について

高気密高断熱の住宅が増えて、室内温度を快適に保ちやすくなりました。しかし室内が乾燥してしまうこともあ...

菜の花の栽培時期は?種まきの時期と栽培環境・収穫時期を解説

菜の花を栽培しようと思っている人の中には、種まきをする時期は一体いつが最適なのかわからない人もいます...

洗面所のドアを開けっ放しにするメリット・デメリット

洗面所や浴室のドアを開けっ放しにしていますか?意外と意見は分かれ、それぞれのご家庭のルールがあるよう...

ファンクラブ枠で取ったチケットを払わないことのリスク

ファンクラブ枠で取ったチケット。 ライブに行けないなら、チケット代を払わないだけでいいのでは?と思...

頭の日焼けで皮が剥けた『フケ』みたいなのをなんとかしたい!

頭は日焼けしやすいのです! 頭皮は日光のダメージを地味に受け続けている場所です。 強い日差し...

保険証の返却を郵送でする場合の封筒は?保険証の返却方法

会社を退職して保険証を返却しなくてはならなかったのに、うっかり忘れて返却できなかったという人もいるの...

スポンサーリンク

男のショートヘア!セットに大切なのはブローです!

男性のヘアセットはブローでほとんど決まります。
ドライヤーによるブローの段階で、髪型のベースを作りましょう。

髪が乾いている場合は、髪の毛を根元からしっかり水で濡らし癖をとります。

しっかり濡らしたらタオルである程度髪の毛を乾かします。
ここを適当にしてしまうと、ブローするときに髪の毛が立ち上がりにくくなりますので怠らないようにしましょう。

そしてブローです。
ブローはバック、トップ、サイド、もみあげ、前髪の順番で乾かします。

バックのコツは、下からドライヤーを当て、毛を立てるようにして乾かします。
襟足は手櫛で首に沿うようにしてください。

つむじやトップはボリューム感を出すために、周りの毛を指で挟んで持ち上げるようにして乾かします。

最後の仕上げとして、ドライヤーの冷風で髪の毛を落ち着かせます。
ブローはこのように行い、その後はワックスなどで仕上げていきます。

男のショートヘアの上手なセット方法!ワックスのつけ方!

ブローがばっちりできれば、次はワックスなどのスタイリング剤で整えていきます。
ワックスには沢山の種類があるので、自分の髪質や理想の仕上がりにあわせたワックス選びをすることが大事です。

ショートヘアの場合は、しっかり束感があり、動きのつけやすいものを選らぶと良いでしょう。

硬めのワックスはベリーショートやショートヘア向けのものになっています。
硬めのワックスは、すぐに崩れてしまわないようにキープ力のあるものになっています。

ワックスの硬さにも度合いがあり、ショートからミディアムヘア向けに硬さ度合いを落としたものもあります。
パーマスタイルの方はあまり硬すぎるとよくありません。

ワックスをつけるときのポイントですが、まず手に取ったら手のひらにしっかり伸ばす事が大事です。
そしてワックスをつける際は、より動かしたいところからつけ始め、全体にしっかりワックスをつけることがポイントです。

髪質が硬くて直毛な男性のショートヘアのセット方法について

髪質が硬くて直毛な髪だと、扱いづらくセットするのが大変ですよね。
そこで上手にセットするためのポイントをお伝えします。

サイドのふくらみをドライヤーで押さえる。

サイドのふくらみが気になる人は、ドライヤーでサイドのボリュームをしっかり押さえながら丁寧に乾かしてください。

前髪が浮いてしまう場合もドライヤーで押さえる。

直毛だと前髪が浮いてしまう方が多いでしょう。
そこで、サイドのふくらみと同じように、前髪もしっかり手で押さえながら乾かしてください。
しかし、押さえすぎて前髪がつぶれてしまう事がないように注意しましょう。
一度ペッタンコな前髪になってしまうと修復するのが難しいので気をつけましょう。

アイロンでゆるくパーマ風を作る。

髪のふくらみをある程度抑えても、時間が経つとちょっとずつ元に戻ってしまいますよね。
なので、最初からアイロンでクセ毛風に髪の毛をカールするのも良いでしょう。
カールをつけた上で束感があると、よりおしゃれなイメージの髪型にすることができるのでお勧めです。

クリームタイプのワックスを使う。

直毛や剛毛な毛質だと、ワックスでセットしても崩れやすいです。
そのため、クリームタイプのワックスの方が持ちがよいのでお勧めです。

ショートヘアにしたいけど髪質が硬い男性!これならセットが簡単?

髪質が硬いとショートヘアーにするとセットが大変ですよね。
そこで、ショートヘアーにする際にお勧めなポイントがあります。

サイドは短くする

髪質が硬い人は、髪の毛をセットしてもサイドが横に広がってしまいがちです。
そのため、サイドの髪の毛は短くする事など、広がりを押さえる工夫が必要でしょう。

ツーブロックなどはスッキリ見えるのでおすすめです。

アップスタイルにする

髪質が硬いと、前髪が立ち上がりやすくなってしまいがちです。
そこで、最初から前髪が立ち上がる事を防ぐためにも前髪を上げたアップスタイルにしてしまえば問題ありませんよね。

アップスタイルにツーブロックを加えれば硬い髪質でも自然な仕上がりにする事ができます。

パーマをかける

パーマをかけると髪の硬さを感じさせない柔らかい雰囲気を作る事ができます。

短髪でも長髪でもどちらでもパーマスタイルは合うのでお勧めです。

王道の男性のショートヘアをご紹介します!

では、王道の男性のショートヘアーをご紹介していきます。

夏カラーでツーブロックベリーショート

夏色カラーで明るくさわやかに目立つ事ができます。
髪の毛をブリーチした後にシルバーアッシュのカラーをプラスした髪色にします。
全体にレイヤーを加えてショートカットで髪を切っていき、サイドと襟足はツーブロックにします。
その後ニュアンスパーマで動きをつけて仕上げます。

2WAYベリーショートヘア

ビジネスでもプライベートでもどんな場面でも親しまれる清潔的な髪型です。
全体的には短めのカットにし、前髪だけは少し長めにしておきます。

どちらの髪型も、しっかりブローの段階で形を作る事を意識しましょう。
その後それぞれの髪の毛にあったワックスを使って仕上げていきましょう。

 - 生活を便利にするアイデア