世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

結婚しても子供は欲しくないと考える夫婦が増えている理由

2018.5.29

結婚しても子供は欲しくないと考える夫婦もいます。

しかし、周りからみると「どうして!?」とか「一人くらいは産んだほうがいいよ」などと言われることも多いと思います。

もちろん、子供を産む産まないは、それぞれの夫婦の考え方です。

どちらが正解というものでもありません。

子供が欲しくないと考える理由を、女性目線、男性目線からご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

髪飾りは何がいい?結婚式でゲストが身につけるとNGなもの!

結婚式のゲストでお呼ばれして結婚式に出席する時、気をつけなくてはならないのがNGな装いです。結婚式の...

洗面所のドアを開けっ放しにするメリット・デメリット

洗面所や浴室のドアを開けっ放しにしていますか?意外と意見は分かれ、それぞれのご家庭のルールがあるよう...

声を高くする方法とは?声を高くする方法を紹介します

声を高くするにはどんな練習をしたらいいのでしょうか?それとも、声の高さは変えられない? 声を高く...

写真のポーズでかわいい女子になろう!おすすめを教えます

写真を撮る時のポーズはどうしてもワンパターンになりがち。しかし、女子であれば少しでもかわいいポーズを...

風呂場の換気扇をまわす時にドアは開ける?閉める?問題について

お風呂から上がった後に、みなさん換気扇は回していると思いますが、そのときにドアは閉めていますか?開け...

靴のストラップが外れる!その理由と対処方法について

靴のバックストラップが外れることありますよね・・・。歩いているときに外れてしまうといちいち直さなくて...

窓の冷気を防ぐプチプチの上手な貼り方【冬の節約術】

寒い季節になると窓からの冷気に悩んでいるという方はいませんか? 冬が近くなるとホームセンターの店頭...

車のエンジン警告灯が消えたら?放置せずに一度チェックを!

車のエンジン警告灯のランプが点灯した場合、それが消えたとしてもなぜ点灯したのかわからず不安が残ると思...

気になる服の生地の名前を知りたい時は調べてみよう

服を買おうと思った時に、最も気になるのがデザインですが、それと同じくらい生地に何が使われているのかを...

ガレージのシャッター修理の費用相場と安く抑えるポイントを紹介

ガレージのシャッターの修理や交換には費用がかかります。長年使っているとシャッターの劣化などによって修...

保険証の返却を郵送でする場合の封筒は?保険証の返却方法

会社を退職して保険証を返却しなくてはならなかったのに、うっかり忘れて返却できなかったという人もいるの...

バラの消毒はローテーションしたほうがいい?消毒の方法とは

バラが咲いてる庭ってとても豪華に見えます。 それだけバラの存在感は大きいものです。 バラには...

湿度の平均はどのくらい?快適な部屋の湿度について

高気密高断熱の住宅が増えて、室内温度を快適に保ちやすくなりました。しかし室内が乾燥してしまうこともあ...

肩甲骨を下げるこつを知りたい!上がる肩をスッキリ下げる方法

あなたの肩甲骨は下がっていますか? 実は肩甲骨って可動域が他の骨よりも広いということは皆さんご存知...

一重まぶたのアイシャドウの塗り方・選び方など紹介します!

一重まぶたのアイシャドウの塗り方が知りたい! 一重まぶたの人は、アイシャドウをうまく塗れなかったり...

スポンサーリンク

結婚しても子供が欲しくないという女性の本音は?

昔は結婚すると女性は結婚したら子供を生み、子育てや家事を中心にするということが定番化していましたが最近では女性もバリバリ働くキャリアウーマンが増えています。

子供に対しての価値観なども人によって大きな差がでてきているように感じます。

様々な考えから「結婚=子供」という考えは減ってきているのではないでしょうか。

女性が子供をほしくないという大きな理由

  • 仕事にたいする志が高い
  • 両親の不仲をみてきて、子供にも同じような思いをさせたくない
  • 親から虐待を受け育ったので、自分もそうなるのではないかという不安
  • 子供好きと思っていたが、兄弟や友達の子供を見てて違うと思った
  • 自分の時間が減る
  • 子供を持っても基本的な育児は自分で重荷になる
  • 出産がこわい

など様々です。

夢見がちな結婚ですが、女性たちの中には色々と葛藤があるのではないでしょうか。
仕事をしながら、育児と家庭の両立もハードルが高いというのも意見の一つにあるでしょう。

女性の社会的地位や、環境も影響していることが多いようです。

実際に子供を生んだ人ですら出産はこわいですし果てしない痛みが伴いますので子供を生みたくない理由にあげられるのはわかりますが、それだけの喜びや幸せもありますよ。

結婚しても子供が欲しくないと考える男性の理由

男性が子供を欲しくないという大きな理由

  • 現実的にみて、家庭を持つ経済力がない
  • 夫婦二人の時間を楽しみたい
  • 子育ての自信がない
  • 自分を拘束されたくない
  • 投資したい
  • 生活スタイルを左右されたくない

現代は「共働きの時代」といわれるように、専業主婦のかたは昔ほど多くはありませんがそれでも一家の大黒柱として、収入面に対して男性のプレッシャーは大きいのではないでしょうか。

男性にとって育児も女性以上に未知の世界なのではないでしょうか。

女性に比べ自分の生き方を考えた上での理由の決断も大きいようです。

結婚しても子供が欲しくないと考える夫婦は増加している

「若者の結婚観・子育て観などに関する調査」によると、2008年に行った調査から7年で結婚したい、子供が欲しいとが考える若者の割合が低下していることがわかった。

結婚について前向きに考えてる人が前回より減少し、結婚に否定的な考えの人の割合が約1,8倍に増加していた。

結婚に否定的な考えの男性の割合が前回と比べ2割近くにまでなっている。

実際にも結婚件数は減っているようです。

最近では、早婚、晩婚に関わらず、夫婦の時間を楽しみたい、共働きでバリバリ働きたいという意見もおおいようです。

子供は欲しくないと考えるのは日本だけではない

「子供を望まない女性たち」という記事で、フランスでは世代ごとの10%の女性は子供を持たないと記載しています。

フランスの国立統計経済研究所によると、フランスでは30代の37%の女性が子供を持たないとしています。

フランス人30歳女性はこう語っています。
今のパートナーを見て子供が欲しくないという選択肢は間違っていない。
好きな時に自分の好きなことができ、私生活を子供に左右されることがない。
子供がいると疲れるし、夫婦間の喧嘩も絶えない。

この女性のように子供を欲しくない女性が増加している反面で、30代の女性は平均2人は子供を生んでいます。

子供を望まない女性たちはその理由は様々ですが、そもそもの理由は「子供が欲しいという欲求がない」ということが大きくあげられます。

結婚したら子供が欲しいと思う夫婦の意見は?

大きな理由としてあげられる意見です。

  • 子供を通じて成長でき、家族の絆が深まる
  • 好きな子供を授かりたい
  • にぎやかな明るい家庭を持ちたい

子供が0歳のように、親も親になって同じく0歳です。
わからないことや育児に悩むことは山ほどありますが、その分子供から喜びや幸せをもらえます。
最初から気を張るのではなく、子供と一緒に成長していけば良いのです。

実際に、夫婦間が原因の喧嘩ではなく、子供に対しての価値観の違いで喧嘩をする夫婦も多くいるでしょう。
自分の意見を相手に一方的におしつけるのではなく、相手の意見にも耳をかたむけましょう。
そうすることにより、夫婦や家庭の絆もより深まり幸せを感じられるでしょう。

自分が育ってきた環境が明るかった、兄弟がたくさんいてにぎやかだったから自分も同じような家庭をつくりたいという意見もあります。

男女に関係なく「親になるには」と考えが常にあります。
子供の模範になるような行動をすべきと考えると確かにハードルが高く、だったら自分の人生好きなように生きようと思う人も少なくありませんね。

子供を持たないという選択が多くなってきていますが、まだそれに対して世の中は「わがままだ」「どうして?」といったような意見が多いようです。

子供を持つ持たないは夫婦それぞれの価値観や意見がありますので、「結婚=子供」という印象は今後も減ってくるでしょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア