世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

クマに効果的なコンシーラーの選び方と基本的な使い方

2018.5.14

お肌の悩みはいろいろなものがあると思いますが、「クマ」に悩む女性も多いですよね。
鏡を見てクマがくっきりと見えると、疲れたように見えますし、なんと言っても老けて見えてしまいます。

このクマをカバーするためには、コンシーラーがおすすめです。

コンシーラーにもそれぞれに特徴がありますので、自分に適したコンシーラーを探しましょう。

クマに効果的なコンシーラーの使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お風呂に入らないのは何日が限界か調査してみました!

一日の終わりにお風呂に入るとすっきりしますよね。しかしお風呂に入らない人が増えているのも事実です。体...

電気代の領収書を捨てるタイミングとは?保管する目的によるかも

電気代の領収書は毎月送られてきますが、捨てるタイミングに悩んでしまいます。 すぐに捨てる人もい...

夕日が綺麗に見えるための条件とは?必要なのは●●●!

綺麗な夕日を見ると、なんだか心が洗われた気分になって「よ~し!明日も頑張ろう!」と思えますよね。 ...

掃除で運気が上がった!【まとめ】きれいな場所にはよい運が

掃除で運気が上がる!部屋の乱れは心の乱れ。 掃除で運気が上がることをまとめて言うと、気を循環さ...

顔を小さくするにはどんな方法がある?姿勢が悪いと顔デカに

顔を小さくするにはどんな方法があるのでしょうか?家でできる簡単なマッサージやエクササイズ方法を紹介し...

油かすの肥料の正しい使い方で失敗なく効果的に使う方法

ホームセンターなどで販売されている「油かす」は手軽に購入できて安全な肥料というイメージを持たれている...

一重はマッサージで二重になる?むくみを取るマッサージ方法

一重から二重へ、目がパッチリすることで顔の印象も変わることは多いですよね。今、マッサージで二重になる...

酢に重曹を混ぜる効果!掃除で効果的な汚れの落とし方

おうちのお掃除に、どこのご家庭にもあるお酢と重曹を使って汚れを落とす方法をご存知ですか? この...

肩こりは姿勢の改善で良くなる?肩こりを改善する方法!

つらい肩こりで毎日大変な思いをしている人もいますよね。肩こりになってしまう人は、姿勢が悪いことが原因...

洗車の拭き上げのコツと効率の良い洗い方について

洗車後の拭き取りは以外に時間の掛かるものですよね。 洗車よりも、この拭き取りが面倒と感じている...

バジルの栽培や収穫のこと。バジルの増やし方や摘心が必要なワケ

お料理好きな方は、バジルを家庭で栽培している方も多いでしょう。 使いたいときにすぐそこにバジルがあ...

リチウム電池の寿命はどれくらい?未使用でも長期保存は注意

スマートフォンを始め、私たちの生活に欠かせないものとなっているリチウム電池。便利な反面、注意点もあり...

音楽の感想の書き方や表現方法とは?感想文のポイント

音楽の感想表現は読書の感想や自分が経験したことの感想とは違って、思ったことや感じたことを書くのが難し...

ペチュニアの切り戻しは適切なタイミングで花をモリモリに

ペチュニアは鉢植えや花壇に植えたりと、人気のお花ですよね。 「花壇の女王」と呼ばれるほどで花付きも...

定額貯金解約時に委任状が必要な場合と注意点

定額貯金の解約は基本的に名義人である本人しか行えません。 ただ、その本人が何かしらの事情により...

スポンサーリンク

クマを隠すコンシーラーの基本的な使い方

疲れなどで顔にクマがあると、それだけで、表情がよどんで見えてしまいます。

そんなクマを隠してくれるコンシーラーの基本的な使い方を紹介します。

まず、コンシーラーを使うにあたって、自分がどのようなファンデーションを使っているのかが重要になってきます。

パウダータイプでコンシーラーを使う場合

下地を塗った後に、コンシーラーを付け、最後にパウダーファンデーションを塗ります。
また、コントロールカラーを塗る場合は、下地を塗った後、コンシーラーを付ける前に塗ってください。

リキッドやクリーム、エマルジョンファンデーションでコンシーラーを使う場合

エマルジョンファンデーションを知らない方のために補足しますと、リキッドやクリームファンデーションをパウダータイプのようにコンパクトに入れられた練り状のものがエマルジョンファンデーションです。

使用する順は、下地を塗ってから、ファンデーションを塗り、上からコンシーラーを付けます。

この時、コントロールカラーも塗る場合は、下地を塗ってから、ファンデーションの前に塗ります。

また、最後の仕上げにフェイスパウダーを付けますと、仕上がりもベタ付かず、化粧崩れしにくくなります。

クマを隠したい!コンシーラーのタイプに合わせた使い方

クマを隠せる便利なコンシーラーですが、その種類はさまざまあります。

クリームタイプは、伸びが良く、カバー力が強いため、クマを隠すのに適しています。
クマ隠しに使う場合は、自然になるように薄くのばして使いましょう。

リキッドタイプは、グロスのような容器に入っていたり、筆ペンのようなタイプがあります。
比較的カバー力は低めですが、無理に隠すのではなく、自然な仕上がりにしたい時に向いています。

スティックタイプは、鉛筆のようなものと、口紅のようなタイプがあります。
どちらのタイプも隠したい部分にピンポイントで当てられるので、ニキビやシミなどを隠すのに向いています。

また、色もさまざまで、肌色も色白タイプから小麦色タイプといったものだけではなく、茶色っぽいニキビ後を隠すときは、イエロー系。赤みを消したい時は、グリーン系など、一見、肌の色とかけ離れているように見えるものもあります。

肌の状態によって合うものを調べたり、化粧品売り場の販売員に相談してみるのも良いでしょう。

コンシーラーはクマのタイプによって使い方を工夫して

コンシーラーは、ただ塗れば良いのではなく、クマのタイプによって使い方を工夫しましょう。

目の下の皮膚は顔の中でも特に薄い場所です。
そのため、血行不良などになった時に、色が出やすいのです。

そんな皮膚の薄い目の下に塗ることになりますので、クリームか、特にリキッドタイプがオススメです。

スティックタイプはクマ隠しもできますが、塗るときに強い摩擦が掛かるため、色素沈着を起こす恐れがあります。

クマ隠しの場合は、スティックタイプは避けましょう。

また、ひとことクマと言っても、3つのタイプがあります。

それぞれの特性とそれに合った、コンシーラー選びをしてください。

青クマ

寝不足や、血行不良などで起こります。
目の下の皮膚と引っ張ると薄くなるのも特徴です。

黒クマ

目の下のたるみによって影ができ、それがクマになってあらわれるものです。
上を向いた時に薄く見えたら、黒クマです。

茶クマ

色素の沈着によって起こります。
皮膚を引っ張ったり、上を向いても変わらないのが特徴です。

クマのお悩みで一番多い「青クマ」タイプのカバー方法

寝不足や、血行不良で起きる「青クマ」はクマのお悩みで一番多いものです。

そんな青クマのカバー方法をご紹介します。

コンシーラーの種類は、リキッドタイプがオススメです。
色は、ベージュ系でかまいませんが、「一般的な肌色の人はオレンジ系」、「色白の人はピンク系」のものを準備すると、より自然な仕上がりになります。

やり方はまず、青クマの部分にコンシーラーをやさしく塗り、指で軽くなじませます。
この時、コンシーラーがクマからはみ出さないようにしましょう。

最後にフェイスパウダーか、パウダーファンデーション上から重ねて完成です。

次に黒クマですが、黒クマはたるみの下の影なので、「パール系」のコンシーラーで、影を無くしましょう。

気をつけていただきたいのは、コンシーラーは「たるみの下だけに付けること」です。
目の下全体に付けると、かえって不自然になります。

最後に茶クマですが、コンシーラーの色は「クマが薄い人はイエロー系」、「クマが濃い人はグリーン系」がオススメです。

付けかたは、青クマのときと同じで、クマからはみ出さないようにコンシーラーをやさしく塗り、指でなじませ、上からパウダーを重ねて仕上げます。

コンシーラーの仕上がりをきれいにするためには保湿も大切

目の下のクマを隠してくれる便利なコンシーラーですが、そんなコンシーラーをより効果的に使うためには、普段からのケアが重要となります。

まず、簡単なのが、コットンパックです。
コットンに化粧水を付け、半分にたたみ、目の下に当て、5分ほど置き、剥がしたら、保湿クリームを薄く塗ります。
この時使う化粧水は、エタノールや、アルコールの入っていないタイプのものを選びましょう。

他にも、専用の目元パックや、アイクリームなどもありますので、ご自身にあったものを探してみて下さい。

この時に注意してもらいたいのは、その商品の説明書に書かれている使用時間を守ることです。

パックは長い時間付ければ付けるほど効果があると思われがちですが、長時間つけたままでいると、乾燥などの皮膚トラブルを招いてしまうことがあります。

それから、目の周りの皮膚は薄くてデリケートですから、マッサージを行う際は、強くこすらないように注意しましょう。

 - 生活を便利にするアイデア