世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

男子メイクのコツやポイント女子が男装するときのメイク方法

2018.11.17

普通のメイクは、上手くできても男装メイクが上手くいかない…。という人は多いのではないでしょうか?

女子が男子メイクをするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょう?男子メイクは○算なんです!

男子メイクをするときには、この部分がとくに重要となってきます。コツやポイントを押さえて男子メイクを成功させちゃいましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

サテン生地とは?サテン生地の特徴や扱い方を紹介します

サテン生地とはどんな生地なのでしょうか?幼稚園の劇で縫うことになったサテン生地…なんだかツルツルして...

髪色を暗くしたいのに色落ちしてしまう原因と、その対処法

髪色を暗くしたいのに、何度染めても色落ちして明るくなってしまう・・・なんてことがありますよね。 ...

布にプリントをしたいなら、アイロンで手軽にやってみよう

Tシャツやバッグシンプルなものほど飽きが来なくて良いですが、「柄や模様が無くてちょっと物足りない」な...

漫画喫茶の個室に監視カメラはついている?その実態を徹底検証!

リーズナブルな金額で、何時間もいられる漫画喫茶。食べ物や飲み物など豊富にあり、シャワーなどがついてい...

油かすの肥料の正しい使い方で失敗なく効果的に使う方法

ホームセンターなどで販売されている「油かす」は手軽に購入できて安全な肥料というイメージを持たれている...

頭の日焼けで皮が剥けた『フケ』みたいなのをなんとかしたい!

頭は日焼けしやすいのです! 頭皮は日光のダメージを地味に受け続けている場所です。 強い日差し...

気になる服の生地の名前を知りたい時は調べてみよう

服を買おうと思った時に、最も気になるのがデザインですが、それと同じくらい生地に何が使われているのかを...

幼稚園は夏休み期間の保育料がかかる!保育料がかかる理由を解説

幼稚園の夏休みの期間は地域によっても違いますが、8月は夏休みで幼稚園に行かない、行っても短い期間しか...

魚の味噌煮を食べたい!サバ以外で味噌煮があう魚を紹介

美味しい魚の味噌煮・・たまにはサバ以外の魚でも味噌煮を作ってみようかな。 しかし、どんな魚が味...

押し花の作り方。簡単な方法は家庭にあるアイテムが活躍します

庭やプランターに咲いた可愛らしい花を残したいと思ったら押し花にしてみるのもいいですね。 子供のころ...

一重まぶたのアイシャドウの塗り方・選び方など紹介します!

一重まぶたのアイシャドウの塗り方が知りたい! 一重まぶたの人は、アイシャドウをうまく塗れなかったり...

トップのボリュームの出し方とは?ぺたんこなトップからの卒業

最近、老けて見えるようになったという人いませんか。 実は増えて見えてしまうのには理由があったのです...

一般道でも右車線は追い越し車線になるため避ける方が賢明

高速道路の右車線は追い越し車線ということはみなさんご存知だと思います。では、一般道の右車線はどうなの...

車のエンジン警告灯が消えたら?放置せずに一度チェックを!

車のエンジン警告灯のランプが点灯した場合、それが消えたとしてもなぜ点灯したのかわからず不安が残ると思...

車を買うときのローンとは?ローンの選び方や組み方について

車をローンで買うときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?ローンを初めて組むときには、よ...

スポンサーリンク

男子のメイクは女子のメイクと逆になる!ポイントは眉

男子メイクをするときのポイントは「引き算」メイクが重要になってきます。
元の顔の特徴から引く、つまり隠すメイクを行いましょう。

まず、女性特有の丸みを隠すためには男性の特徴に寄せるような、シュッとしたイメージを作る事が大切です。

顔の輪郭をシャープに見せるためには、顔にシェービングを入れて影を作り立体的なメイクを行います。
男性ならではの鼻のシャープさを作る場合もノーズシャドウを入れて、鼻を高く見せることができます。

そして、特に重要なのは眉毛です。
男性は女性に比べて眉毛と目の間隔が狭いのが特徴的なため、メイクでその特徴を引き出してみましょう。

もともと眉毛と目の間の間隔が広い女性の場合は、もともとの眉毛はコンシーラーで隠してその下に新しい眉毛を書くようにしてください。
二重幅を広くすることで、より眉毛と目の間隔を狭くすることもできます。

眉毛の色眉マスカラなどを使って、髪の毛のイメージと合った色に合わせてメイクをしてみましょう。

女子が男子メイクを成功させたいならココに力を入れよう

女子が男子メイクをする場合は眉毛や輪郭だけでなく、唇にも力を入れてメイクをすることが大切です。

女性よりも男性は唇が薄いため、ここでも引き算メイクによって男性らしさを作ってみましょう。

まず、男子メイクをするためにはもともとの唇の厚さを薄くするために、コンシーラーによって色を消す必要があります。

コンシーラーを乗せる前には必ず唇の保湿をしっかり行うようにしましょう。
乾燥していると時間が経つにつれて、皮がめくれてしまって見栄えが悪くなります。

そして固形のコンシーラーをつける場合はリップブラシを使用して、ポンポンと乗せる塗り方を心がけ丁寧に軽くつけるようにしましょう。
今は唇用のコンシーラーも安価で手に入れることができますので使用してみてもよいでしょう。

コンシーラーで唇の厚みを消したら、その上に肌の色に近い薄めのヌーディーカラーのリップを乗せてください。

その際には、男性らしい唇の形を輪郭から縁取って書くようにしてみてください。
塗り方はムラのないようにしましょう。

女子が男子メイクをするときに必要なアイテムとは?

女子が男子メイクをするためにはどのようなアイテムが必要なのでしょうか。

まず、メイクの基本で必要なものとしてアイブロウ・アイシャドウ・アイラインがあれば十分です。

男子メイクの場合はナチュラルで男っぽいメイクをすることが重要なので、派手な色のアイシャドーやチークなどはなくても大丈夫でしょう。

アイメイクをする場合は、アイシャドウは茶系の色がナチュラルに仕上がるのでお勧めです。
アイライナーは新しいものだとクッキリとしたラインになってしまいますので、ある程度使用した後のようなかすれたものを使うとより自然なメイクに仕上げることができます。
男子のアイメイクの場合は、クッキリとした丸い目よりも、横長で切れ長の目の方が男性らしさを作ることができます。

その為、アイシャドウやアイラインを引くときは横に長く目尻を少し上にあげて書いてみてください。

女子が男子メイクをするときは輪郭を変えちゃおう!

男子メイクをする際は、テーピングをして輪郭を変えてみてはどうでしょうか。
テーピングをすることで、女性特有の顔の丸みを消して、男性らしいシャープな輪郭を作ることができます。

顔のたるみや顔の肉をテーピングによって上に持ち上げてリフトアップさせることもできるのです。
頬のたるみは耳の上方向に持ち上げるようにしてテーピングをしましょう。

この場合、あまりテープは下めにならないように注意してくださいね。
鏡を見ながら自分の理想に合った横顔を作り出してください。

テーピングをしたら、後々ウィッグをかぶってテーピングをしっかり隠してしまえば問題ありません。

下地などでさらにテーピングを目立たなくすることもできますので、ぜひ挑戦してみてください。

男子メイクに外せないのがウィッグ!選び方とは?

男子メイクを完成させるためにはウィッグを被ることが大切です。

ウィッグを選ぶ場合はしっかり自分のなりたいイメージを固めてから選びましょう。
もしアニメキャラのコスプレをする場合はキャラクターよりも、実際にそのキャラクターのコスプレをした人の髪型を参考にした方がイメージは湧きやすいです。

イメージに合うウィッグがない場合は自分でイメージに合わせて髪型を作る必要があるかもしれません。

ウィッグを被る際はウィッグネットを被って地毛をしっかり押さえると、ボリュームが出ないのでウィッグを綺麗に被る事ができます。

より本格的な男装をしたいのであればメンズウィッグを使ってみるとよいでしょう。

男性向けのものだとデザインも細かく、より自然な男装をすることができるでしょう。

 - 生活を便利にするアイデア