世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

壁にピンが刺さらない?ピン以外に使える方法を調べてみた

2018.5.3

ポスターやちょっとした小物をかけるフック。部屋に取り付けたいけど壁にピンが刺さらない場合はどんな方法があるでしょう。

賃貸で傷がつけられないなら両面テープやホチキス。持ち家で多少の傷なんかへっちゃら!というならちょっと大胆にしっかり取り付けの方法も。

壁にピンが刺さらない、傷をつけられないという場合に壁掛けフックなどを取り付ける方法を考えましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【簡単】お菓子作り初心者におすすめのクッキーレシピ

お菓子作り初心者におすすめなのがクッキーです。 サクサクとした食感が美味しく、ちょっとしたプレゼン...

「パパ人見知り」が始まった赤ちゃんの原因と対応策はコチラ!

『パパ人見知り』は赤ちゃんにとって成長の証です。 ですが、パパ本人にとっては、ショック以外のな...

車の曇り止めが効かない!そんな時にはこの方法を試そう!

雨降りや雪が降った時にいざ車を発車させようとしたら、車の曇り止めが効かない、なんて経験をされた方も多...

湿度の平均はどのくらい?快適な部屋の湿度について

高気密高断熱の住宅が増えて、室内温度を快適に保ちやすくなりました。しかし室内が乾燥してしまうこともあ...

巻き髪を作るのにコテなし!ねじるだけで出来る巻き髪 

巻き髪はカール用のコテなしでも出来る?実は簡単に髪をねじるだけでも綺麗な巻き髪を作ることが出来るんで...

集中するなら勉強しているときに音楽は必要ない?勉強の方法

集中して勉強したいのになかなかできないという人は音楽を聞いてから始めてみてはいかがでしょうか? ...

マニキュアでアクセサリーに彩りを。人気のレジンで挑戦しよう

きらきらのホロやお気に入りのカラーのマニキュアを使って、アクセサリーを彩ることができるのをご存知です...

遠足のお弁当、女の子は可愛く食べやすくがポイントです

遠足のお弁当はどんなものをつめてあげたらいいのでしょうか?女の子の場合、好きなものプラス可愛いお弁当...

着物の長襦袢は自分で洗濯出来る?洗濯方法とポイントをチェック

着物を着た後はお手入れが大切です。きちんとお手入れをすれば、着物を長持ちさせることも出来ます。着物は...

ラインのポイントの貯め方とは?上手に貯める方法について

ラインポイントの貯め方で簡単なのは、アプリを入れたり広告を見たりすることですがなかなか貯めるのに時間...

梱包でプチプチを使った包み方!プチプチの向きがポイントです

空気が入ったデコボコの面があるプチプチは梱包時によく使いますが、その正しい包み方を知っているでしょう...

塗り絵に使う色から考察する子供の心理について

塗り絵をしている子供が黒色ばかりを使っていたらなんだか心配になってしまいますよね。 ここでは、...

窓シートの剥がし方とは?簡単にできる方法を紹介します

窓シートを自分で剥がしたいけれど、キレイに剥がすにはどのような準備や剥がし方をしたらいいのでしょうか...

台風は場所で強さが異なる!進行方向に向かって危険な場所とは

毎年甚大な被害をもたらし、多くの被害者を出す台風。 実はこの台風、場所によって強さが異なるって知っ...

電球が切れる原因は?長持ちさせる方法や白熱電球とLEDの違い

「この前交換したばかりなのにまた電球が切れた」など、なぜかいつも同じ場所の電球だけ切れてしまうことっ...

スポンサーリンク

ピンが刺さらない壁は磁石とクリップを活用してポスターを貼る

ポスターを貼りたいけれど、ピンが刺さらない、そんなときは磁石を利用してみてはいかがでしょうか?

まずは、磁石、そして鉄製のクリップを用意してください。

ポスターを貼りたい位置を決め、ポスターの大きさに合わせてクリップをマスキングテープで壁に貼っていきます。
マスキングテープなら、賃貸などでも壁を傷をつけずに貼ることができます。粘着性の強いガムテープやセロテープなどは、壁を傷める可能性があるので使用しないほうが良いでしょう。

ポスターに合わせてクリップの数を増やしてください。
ポスターは大きければ大きいほど重くなり落ちやすくなります。落ちないようにするためには、まずは四隅に、その後大きさによって辺にクリップの数を増やしてください。

その後ポスターを壁に貼ったクリップと挟むように磁石でとめていきます。

鉄製のボードに良く磁石で紙類をとめたりしますよね、それと同じ考えです。
クリップは安価でどこの家にも案外余ってたりします。壁に貼るものはクリップでないといけないわけではありません。薄いもので磁石にくっつくものなら他のものでも代用できます。

磁石にもいろいろ種類がありおしゃれなものもあるので、ポスターにあわせて変えてみるのも面白いかもしれませんね。

壁にピンが刺さらないなら、両面テープでもいいじゃない!

重さのあるものを固定するのでなければ、両面テープを使う方法もあります。
ポスターや写真などちょっとした軽いものを壁に貼り付けたい場合、両面テープは意外と使えます。壁に穴が開く心配もありません。

通常の両面テープを使うと、はがしたときにはがし跡が残ったりします。

両面テープの種類によっては、粘着面が弱く繰り返し貼ることができる両面テープもあります。跡も残らずにしっかりと貼れる優れたものもあります。繰り返し貼れるタイプを使えば、ポスターの場所の移動、貼る場所を失敗してしまった、もう少し下のほうに貼りたかった、曲がってしまったなどのときも簡単に貼りなおすことができ便利です。

また、半固形粘着剤を使用すれば画鋲のように壁やポスター本体にも穴を開けることがないため、お勧めです。またはがしたときに跡が残ないのも特徴です。

小さな子供のいる家庭では、手の届く範囲に画鋲でポスターを貼っておくと、万が一、画舫が落ちてしまったり、またいたずられて怪我をしてしまったなどの心配があるかと思います。
そんなときは、ぜひこのようなものを使ってみてはいかがでしょうか?

壁にピンが刺さらない?柱の位置も重要です

石膏ボードの壁にも石膏ボード用のピンやフックをを使えば、軽いものなら簡単に貼ったり掛けたりすることができます。

しかし、重たいものを掛ける際には注意が必要です。
重いものは、下地のある場所に固定することが重要です。石膏ボード用ピンで対応できる重さなのか、まずはピンの説明下記などを呼んでしっかり確認しましょう。
石膏ボード用のアンカーなどもありますが、かなり重いものではお勧めできません。アンカーごと壁から取れてしまう可能性があります。

下地のある場所とはどんなところでしょう。
それは、柱部分です。柱部分に直接ビスを打ってください。柱の位置は壁などをたたいて確認したりすることもできます。また柱を確認するための専用の道具などもホームセンターなどで購入することができます。

塗り壁・コンクリート壁、フックをつけるなら準備は?

塗り壁にフックを取りつける場合は、塗り壁は木や石膏ボードに左官している場合が多いので、それに準じてください。塗りが暑い場合は対応できない場合もあります。そのときは下地や柱を探して、そこに木ねじでとめてください。

コンクリート壁にフックを取りつける場合は、コンクリートの壁に穴を開けてはいけません。マンションなどの集合住宅である可能性が高いのでコンクリート部分は共有部分となっていることが多いです。

コンクリート壁部分に、時計などの重たいものを掛けたい場合は、あぶって接着するタイプのフックを利用すると良いでしょう。

またキッチンやタイル部分には粘着式のフックを取り付けることもあると思います。
フックを購入した際、必ず後ろの注意書きや説明を確認してください。
1日程度おいてから使用してくださいと書かれているものもあります。粘着剤が定着するのには時間がかかることがあるため、注意が必要です。

壁にピンを使える?使えない?日本の住宅は石膏ボードが中心

日本の住宅のほとんどは石膏ボード壁です。
木造の場合、柱を均等間隔に立てて、石膏ボードを取り付けて、その上に塗装したり壁紙を張っている場合が多いです。石膏ボードは、価格が安く、加工しやすいという特徴があります。防火性・遮音性にも優れています。しかし、石膏ボードには、衝撃に弱いため重いものをかけることはでません。棚などの重たいものを取り付けたい場合は、柱の位置を探すか、石膏ボード用のアンカーを使ってください。

またマンションは鉄筋コンクリート造であることが多いので、自宅のつくりを確認を確認して、それに見合った取り付け方法を選択するのが無難といえるでしょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア