世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ガレージのシャッター修理の費用相場と安く抑えるポイントを紹介

2019.4.3

ガレージのシャッターの修理や交換には費用がかかります。長年使っているとシャッターの劣化などによって修理や交換が必要になることがあるでしょう。できるだけ費用を安く抑えるためには部品や業者選びなどポイントがあります。

そこで、ガレージのシャッター修理について、気になる修理の費用相場や修理費用を安く抑えるポイント、買い替えも視野に入れることや交換にかかる期間、早めのメンテナンスなどお伝えしていきましょう。

ガレージのシャッターが壊れてしまったままでは、盗難などから車を守ることができなくなってしまいます。ぜひこちらを参考に修理や交換など早めの対応をしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

肩こりの原因は姿勢にあり!デスクワークの人でも改善可能!

デスクワークの人に多い肩こり・・・。その原因として一番にあげられているのは「姿勢」です。しかし、長時...

夜のオムツが取れない5歳児。地味に悩みますよね…。

夜のオムツ問題。 昼間のオムツと夜のオムツは違うといいます。 子育てにおいて、おしっこのこと...

小鼻の毛穴の掃除はどうしたらいい?ツルツル小鼻になる方法とは

小鼻の毛穴の掃除はどのように行えばいいのでしょうか?毎日の洗顔は毛穴掃除を意識をして丁寧に優しく行う...

洗車後、拭き取りしないのはNG?理由と洗車のコツとは

洗車をしたあとで、拭き取りしないという人は意外と多いかもしれません。 洗車後、拭き取りしないと...

夜オムツの外し方はいつから?そのタイミングをご紹介します。

お子さんが3歳くらいになると、トイレトレーニングを始めるママも多いかと思います。 そのタイミングと...

お菓子に入っている乾燥剤は再利用できる?再利用の方法と注意点

お菓子などの袋の中には乾燥剤が入っていますよね。色々な種類の乾燥剤がありますが、皆さんはこの乾燥剤は...

部屋のドアに鍵を取り付ける方法とは?おすすめなドアの鍵

部屋のドアに鍵をつけるときにはどんなことに注意したらいいのでしょうか? また、取り付ける方法に...

ヒューズが切れる、ブレーカーが落ちる家はココに注意!

電気を使っている家なら必ずヒューズかブレーカーがあるはずです。電気を使いすぎた場合や、漏電などの異常...

美術作品のレポートをどうまとめれば良いのか

学校の課題で美術の作品に関するレポートを提出するのは、美術学校あるあるですよね。 しかし、ある程度...

水草に光合成は必要?綺麗な気泡をたくさんつける方法

水槽内の水草が光合成をすると水中でたくさんの丸い泡をつけてキラキラしていて綺麗ですよね! その...

外の物置に入れるものはどんなもの?物置を置くメリットも紹介!

外の物置に入れるものってどんな物なの? これから物置を設置しようかと検討している人は知りたくないで...

夜のBGMでリラックスしたい!そんな時におすすめの音楽

明日の朝のために早く休みたいと思ってもなかなかリラックスできない、というときにはどんなことをしたらい...

結婚しても子供は欲しくないと考える夫婦が増えている理由

結婚しても子供は欲しくないと考える夫婦もいます。 しかし、周りからみると「どうして!?」とか「...

洗濯物の部屋干しはエアコンを上手に使おう!洗濯物を乾かすコツ

洗濯をしたけど外に干すことができないときは部屋干しをしますよね。 でも、部屋の中に洗濯物を干すと、...

一人暮らしで掃除機の収納に悩んでいる人へ!収納方法を紹介!

一人暮らしをしている人で、掃除機の収納場所で悩んでいる人はいませんか? 参考にしてほしい収納方法に...

スポンサーリンク

ガレージのシャッター修理の費用相場とは

ガレージのシャッターの調子が悪くなり、修理や交換を検討する場合に気になるのが費用についてですね。最近はシャッターの種類や機能も豊富になり、どんなシャッターを選ぶのかによって必要な費用にもかなり幅があります。

まず、シャッターを選ぶときの選択肢として、手動か電動かにより費用はかなり違ってきます。更に窓付きのタイプもあります。
それらの修理、交換に必要なおおよその費用の目安をご紹介します。

  • 手動のシャッターの交換 ・・・ 10万円~25万円程度
  • 電動シャッターの交換 ・・・ 25万円~35万円程度
  • 窓付きシャッターの交換 ・・・ 15万円~20万円程度
  • シャッターの鍵の交換 ・・・ 2万円程度
  • スラット(シャッター部分)の交換 ・・・ 20万円程度
  • スプリングシャフトの交換 ・・・6万円~8万円程度
  • 手動シャッターのスプリングシャフトの調整 ・・・1万円~2万円程度
  • 古いシャッターの撤去費用 ・・・2万円~6万円程度

シャッターの修理は、メーカーや地元の独立系修理業者など、どこに頼むかによってもかなり違ってきますので、複数のメーカーや業者に見積もりを依頼し、比較してみるとよいでしょう。

ガレージのシャッター修理費用を安く抑えるポイント

シャッターの種類や素材はいろいろありますが、できるだけ修理費用を安く抑えたい場合におさえておくポイントをご紹介します。

手動のシャッターにする

電動のシャッターは便利ですが、やはり費用が手動のシャッターよりも高くなります。
また、手動のシャッターを電動のシャッターに交換する場合は、電気の配線の費用もかかってきます。しかし、後々手動では使用に限界があり電動に交換したくなる可能性がある場合は、シャッターの寿命がくる前に交換すると費用の無駄になってしまいます。シャッターの寿命と使用スタイルの変化の可能性を考慮して検討しましょう。

劣化しずらい材質のシャッターを選ぶ

シャッターの材質は、一般的にはスチール(鉄)やアルミ、ステンレスの3種類あります。価格の面ではスチールが一番安く、実際に取り付けられているシャッターの多くはスチールです。アルミやステンレスの価格はスチールの2~3倍程度になります。機能面では、アルミは軽くてデザイン性がよく高級感があり、ステンレスは非常にさびに強い素材です。

開閉しやすいシャッターを選ぶ

費用のことばかりを考えて機能性が後回しになり、実際使ってみると開閉がしづらくてストレスになる…。結局寿命まで使い切らずに早く交換してしまう…ということになっては後々費用がかかってしまいます。使用頻度にもよりますが、毎日使用するのであれば、開閉しやすいものを選びましょう。

凝ったデザインよりシンプルなシャッターを選ぶ

デザインを重視するとどうしても費用が高くなりがちです。シンプルなものほど費用も安くなる傾向があります。

使用する地域が海に近く塩害を受けやすい場所であれば、長い目で見てサビに強い素材のものを選ぶと結果的には費用がおさえられるなどという場合もあります。
目先の費用ばかりにとらわれず、使用する人や環境を考慮して検討しましょう。

ガレージのシャッター修理費用によっては買い替えもオススメ

シャッターの修理費用によっては、買い替えも検討してみましょう。
手動のシャッターから電動のシャッターに変更する人が増えています。電動のシャッターはリモコンで開閉できるので、荷物がある時や、手動シャッターの開閉が重たくて負担になってきた方にはとても便利です。また、自動でロックされる機能のついたシャッターもあり、防犯性も向上します。
小さいお子様がいる場合は、障害物を検知して自動停止する機能のついた電動のシャッターもありますので、安全性も高まります。またシャッターの開閉の音も静かなため、隣近所への配慮にもなります。
買い替えに必要な費用の増額と、買い替えによって得られるメリットとを比較して検討してみましょう。

ガレージのシャッター交換にかかる期間

シャッターの交換にかかる期間はどのくらいなのか?
車庫には様々なものが置いてあり、作業中は立会いたい方など、シャッターの修理や交換に必要な時間がどの程度必要なのかは知っておきたいところです。

シャッターの修理や交換は通常は1日で終わります

ただし、依頼したシャッター業者の拠点が離れている場合は、移動や取り外した古いシャッターの撤去などに時間がかかり、2~3日かかる場合もあります。仕事などで立ち会える時間が限られている場合は事前に業者に伝えて、作業に必要な日程や時間を確認しておきましょう。

シャッターの劣化には早めのメンテナンスが大切

シャッターの修理や交換にはそれなりの費用が必要となってしまいます。日頃からシャッターのメンテナンスをしておくと、修理や交換が必要になる時期までを長くすることができます。
まずは、シャッターの劣化を防ぐことです。特にスチールのシャッターはサビに弱いので、定期的にサビ止めを施すと長持ちします。また、シャッターの開閉時にこすれる音がする場合は、潤滑油をさすと良いでしょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア