世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ガレージのシャッター修理の費用相場と安く抑えるポイントを紹介

2019.4.3

ガレージのシャッターの修理や交換には費用がかかります。長年使っているとシャッターの劣化などによって修理や交換が必要になることがあるでしょう。できるだけ費用を安く抑えるためには部品や業者選びなどポイントがあります。

そこで、ガレージのシャッター修理について、気になる修理の費用相場や修理費用を安く抑えるポイント、買い替えも視野に入れることや交換にかかる期間、早めのメンテナンスなどお伝えしていきましょう。

ガレージのシャッターが壊れてしまったままでは、盗難などから車を守ることができなくなってしまいます。ぜひこちらを参考に修理や交換など早めの対応をしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

小鼻の毛穴の掃除はどうしたらいい?ツルツル小鼻になる方法とは

小鼻の毛穴の掃除はどのように行えばいいのでしょうか?毎日の洗顔は毛穴掃除を意識をして丁寧に優しく行う...

服のリメイクアイデア!着なくなった服を簡単にアレンジする方法

買って数回着たままタンスの肥やしになっている服や、サイズアウトしてしまった子供服。どこのご家庭にもあ...

菜の花の栽培時期は?種まきの時期と栽培環境・収穫時期を解説

菜の花を栽培しようと思っている人の中には、種まきをする時期は一体いつが最適なのかわからない人もいます...

電車の暖房は暑いからいらない!自分で出来る対策とは

冬の電車に乗ると、暖かいのはありがたいのですが、むしろ暖房が効きすぎて暑い・・・なんてことがあります...

足が長い基準はどこから?日本人の足の長さの平均値

足が長い基準は何センチから?身長が違うため、足が長いかどうかの基準は、このような計算方法で出すことが...

男が美容院でトリートメントするのはOK?その効果の働きと種類

男性が美容院でトリートメントする話はあまり聞くことはありませんが、実際のところトリートメントしている...

運転手を雇うにはいくら必要?ドライバー派遣のメリットも!

専属の運転手って聞くと、お金持ちの人って感じがしますが、運転手を雇うのはいくらぐらいかかるのでしょう...

セルフでブリーチ後にカラーをするときの正しいやり方とは

セルフブリーチカラーをするときにはどのような方法でどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? ...

家電の値引き交渉のコツ!少しでもお得に安く購入するには

家電量販店では少しでも安く購入するために、他店の値段を比べたりして値引きを交渉するという人もいますよ...

お風呂場のカビとサヨナラ!パッキンを真っ白にする方法

お風呂場に気がつくとカビが生えてしまう事ありますよね。特にパッキンにカビが生えて黒ずんでしまった場合...

クマに効果的なコンシーラーの選び方と基本的な使い方

お肌の悩みはいろいろなものがあると思いますが、「クマ」に悩む女性も多いですよね。 鏡を見てクマがく...

目を二重に!マッサージでパッチリ目元を手に入れる方法とは

目元って顔のパーツの中で印象を決める大切なところですよね? やっぱり、一重より二重の方がスッキ...

アイデアを特許出願するには?主婦が特許を取るメリット

普通の主婦が考えたアイデアを商品化するためには、特許を出願してそれを登録しなければなりません。 ...

宝くじが当たる前兆って?高額当選者にはこんな前兆があった!

宝くじを当てて一攫千金を夢見ているという人もいますよね。「どうせ高額当選なんてしないだろう」と思って...

一人暮らしで掃除機はいる?いらない?その判断基準はこれ!

一人暮らしの場合、必要最低限のものからそろえていくと思いますが掃除機がいるのか、なくても掃除が出来る...

スポンサーリンク

ガレージのシャッター修理の費用相場とは

ガレージのシャッターの調子が悪くなり、修理や交換を検討する場合に気になるのが費用についてですね。最近はシャッターの種類や機能も豊富になり、どんなシャッターを選ぶのかによって必要な費用にもかなり幅があります。

まず、シャッターを選ぶときの選択肢として、手動か電動かにより費用はかなり違ってきます。更に窓付きのタイプもあります。
それらの修理、交換に必要なおおよその費用の目安をご紹介します。

  • 手動のシャッターの交換 ・・・ 10万円~25万円程度
  • 電動シャッターの交換 ・・・ 25万円~35万円程度
  • 窓付きシャッターの交換 ・・・ 15万円~20万円程度
  • シャッターの鍵の交換 ・・・ 2万円程度
  • スラット(シャッター部分)の交換 ・・・ 20万円程度
  • スプリングシャフトの交換 ・・・6万円~8万円程度
  • 手動シャッターのスプリングシャフトの調整 ・・・1万円~2万円程度
  • 古いシャッターの撤去費用 ・・・2万円~6万円程度

シャッターの修理は、メーカーや地元の独立系修理業者など、どこに頼むかによってもかなり違ってきますので、複数のメーカーや業者に見積もりを依頼し、比較してみるとよいでしょう。

ガレージのシャッター修理費用を安く抑えるポイント

シャッターの種類や素材はいろいろありますが、できるだけ修理費用を安く抑えたい場合におさえておくポイントをご紹介します。

手動のシャッターにする

電動のシャッターは便利ですが、やはり費用が手動のシャッターよりも高くなります。
また、手動のシャッターを電動のシャッターに交換する場合は、電気の配線の費用もかかってきます。しかし、後々手動では使用に限界があり電動に交換したくなる可能性がある場合は、シャッターの寿命がくる前に交換すると費用の無駄になってしまいます。シャッターの寿命と使用スタイルの変化の可能性を考慮して検討しましょう。

劣化しずらい材質のシャッターを選ぶ

シャッターの材質は、一般的にはスチール(鉄)やアルミ、ステンレスの3種類あります。価格の面ではスチールが一番安く、実際に取り付けられているシャッターの多くはスチールです。アルミやステンレスの価格はスチールの2~3倍程度になります。機能面では、アルミは軽くてデザイン性がよく高級感があり、ステンレスは非常にさびに強い素材です。

開閉しやすいシャッターを選ぶ

費用のことばかりを考えて機能性が後回しになり、実際使ってみると開閉がしづらくてストレスになる…。結局寿命まで使い切らずに早く交換してしまう…ということになっては後々費用がかかってしまいます。使用頻度にもよりますが、毎日使用するのであれば、開閉しやすいものを選びましょう。

凝ったデザインよりシンプルなシャッターを選ぶ

デザインを重視するとどうしても費用が高くなりがちです。シンプルなものほど費用も安くなる傾向があります。

使用する地域が海に近く塩害を受けやすい場所であれば、長い目で見てサビに強い素材のものを選ぶと結果的には費用がおさえられるなどという場合もあります。
目先の費用ばかりにとらわれず、使用する人や環境を考慮して検討しましょう。

ガレージのシャッター修理費用によっては買い替えもオススメ

シャッターの修理費用によっては、買い替えも検討してみましょう。
手動のシャッターから電動のシャッターに変更する人が増えています。電動のシャッターはリモコンで開閉できるので、荷物がある時や、手動シャッターの開閉が重たくて負担になってきた方にはとても便利です。また、自動でロックされる機能のついたシャッターもあり、防犯性も向上します。
小さいお子様がいる場合は、障害物を検知して自動停止する機能のついた電動のシャッターもありますので、安全性も高まります。またシャッターの開閉の音も静かなため、隣近所への配慮にもなります。
買い替えに必要な費用の増額と、買い替えによって得られるメリットとを比較して検討してみましょう。

ガレージのシャッター交換にかかる期間

シャッターの交換にかかる期間はどのくらいなのか?
車庫には様々なものが置いてあり、作業中は立会いたい方など、シャッターの修理や交換に必要な時間がどの程度必要なのかは知っておきたいところです。

シャッターの修理や交換は通常は1日で終わります

ただし、依頼したシャッター業者の拠点が離れている場合は、移動や取り外した古いシャッターの撤去などに時間がかかり、2~3日かかる場合もあります。仕事などで立ち会える時間が限られている場合は事前に業者に伝えて、作業に必要な日程や時間を確認しておきましょう。

シャッターの劣化には早めのメンテナンスが大切

シャッターの修理や交換にはそれなりの費用が必要となってしまいます。日頃からシャッターのメンテナンスをしておくと、修理や交換が必要になる時期までを長くすることができます。
まずは、シャッターの劣化を防ぐことです。特にスチールのシャッターはサビに弱いので、定期的にサビ止めを施すと長持ちします。また、シャッターの開閉時にこすれる音がする場合は、潤滑油をさすと良いでしょう。

 - 生活を便利にするアイデア