世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

ドジョウが喜んで食べるエサは豆腐!でも水質悪化に注意しよう

2018.12.6

ドジョウを飼育するとなると、どんなエサをあげればいいのか、そして飼育する上でどんなことに注意すればいいのか知っておきたいですよね。

ドジョウは雑食で比較的何でも食べますが、中でも豆腐を喜んで食べると言われているようです。

本当にドジョウはエサとして豆腐を食べるのでしょうか?実際に飼育している人の意見と豆腐をエサとして与える場合の注意点について説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ペチュニアの切り戻しは適切なタイミングで花をモリモリに

ペチュニアは鉢植えや花壇に植えたりと、人気のお花ですよね。 「花壇の女王」と呼ばれるほどで花付きも...

イケメンなのに写真はブサイク?そのカラクリと対処方法

イケメンなのに写真ではブサイク…。そんな残念写真のカラクリとは? イケメンにあぐらをかいてはい...

自転車のブレーキの音鳴りの原因とその対処法について徹底解説

自転車に乗ってブレーキをかけた時に「キーキー」というような音鳴りがすると、周りの人にうるさいと思われ...

ラインのポイントの貯め方とは?上手に貯める方法について

ラインポイントの貯め方で簡単なのは、アプリを入れたり広告を見たりすることですがなかなか貯めるのに時間...

筆ペンの書き方は?左利きでも上手に筆ペンで書くコツを解説

左利きの人の中には、筆ペンで綺麗に文字を書くことができるようになりたいと思っている人もいますよね。冠...

髪の毛は生えている位置で名前が違う?部位別の呼び名

髪を切りに行って「どんなふうにしますか?」と言われたとき、どの部位をどうカットして欲しいかスマートに...

うなじが毛深いとショートヘアはできない?毛深いうなじ対処方法

ショートヘアはうなじが毛深いと気になる!自分で見えない場所だから、なおさら気になるうなじ部分。 ...

蛍光灯がチカチカ!交換する前にココをチェックしてみよう!

交換したばかりの蛍光灯がチカチカしていることにお悩みの人もいますよね。 しばらく交換していない蛍光...

ペットボトルを凍らせると除湿ができる?ペットボトル活用法

暖かくなってくると気になるのが部屋の湿度ですよね。 ムシムシする暑さをどうにかしたいときに、お...

いちごに肥料を与えるタイミング!甘いいちごの育て方

いちごは甘酸っぱさが美味しく、大人にも子供にも人気の果物ですよね。 家庭菜園でもいちごは人気で...

セルフでブリーチ後にカラーをするときの正しいやり方とは

セルフブリーチカラーをするときにはどのような方法でどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? ...

朝起きたら一重に!その原因と治し方をご紹介します

いつもは二重なのに朝起きると一重に!そんな時の治し方は?早く元に戻らないと外出することが出来ない・・...

足が長い基準はどこから?日本人の足の長さの平均値

足が長い基準は何センチから?身長が違うため、足が長いかどうかの基準は、このような計算方法で出すことが...

雨の日に電車が混雑するのはなぜ?その理由と対処方法

雨の日に電車が混雑するのはどうして?電車が混むのは、毎日だけれど雨だとさらに混んでいるような? ...

潜在意識で顔が変わる!?ハーフのような顔になる方法

潜在意識で顔やスタイルが変わるって聞いた事ありますか?これを利用すれば今流行りのハーフ顔も手に入れる...

スポンサーリンク

ドジョウがエサとして本当に豆腐をたべるのか試してみました

ドジョウは生命力がとても強い生き物です。
ドジョウは雑食で何でも食べてしまうようです。

調べてみると

  • 金魚のえさ
  • 冷凍ミジンコ
  • イトミミズ
  • 豆腐
  • お麩

など様々なものを食べているようです。

屋外の鉢に入れて放置気味で育てていたら、湧いた藻を食べて生きていたのか意外とエサをあげなくても、生きていけていたなんてお話を聞くこともあるほどです。

では実際に豆腐をあげてみた、というお声を調べてみると好んで食べるようで、お豆腐でもドジョウは育つようです。

釣りをするわけでもないしイトミミズやミジンコに抵抗がある、なんて方の場合はお豆腐やお麩でドジョウを育てていくのもいいかもしれません。

それではお豆腐をあげるときに、注意すべき点などについても調べてみましょう。

ドジョウにエサとして豆腐を与える場合の注意点

ドジョウにエサとしてお豆腐を与える際は与える回数に注意しましょう。

ドジョウは人間のように朝昼晩と三食食べるわけではなく、一日に一回ほどの食事で大丈夫です。

一回の食事の後、一週間ほど生きてしまうほど生命力がつよいためお豆腐を与える際は、

  • 一日あたり1回から2回
  • 数分で食べられる量
    を与えるようにしましょう。

数分で食べられるという、とひとかけらほどが望ましいです。

おそらく水に入れると、勢いよく食べてくれたりするのではないでしょうか。

食いつかなかった場合は気がついていない場合が多いため、目の前に持っていって気づかせてあげたりしてみましょう。

それでも食べない場合はお腹がいっぱいなのかもしれませんので、水質悪化を防ぐためお豆腐は引き上げてください。

ドジョウは水質変化に敏感なため、エサで水を汚さないように飼育しましょう。

ドジョウのエサとして高野豆腐もOKです

ドジョウのエサは高野豆腐でも大丈夫なようです。

高野豆腐をあげる際もお豆腐と同じように

  • 一日あたり1回から2回
  • 数分で食べられる量
    を与えます。

食べ切れるだけの量を削り取り水に入れてあげると、沈んできたところでぱくりと食べてくれると思います。

お豆腐の場合もそうですが、あまり大きいと口に入り切らずドジョウが困ってしまいます。
ある程度、飼育しているドジョウの口の大きさに合わせた大きさに、小さくしてから与えることを心がけてください。

雑食性のドジョウならではで楽しいですが、与え過ぎなどには十分注意してください。

量とあげるタイミングを守れば、私達人間と同じものを食べるドジョウを観察できますの、でポイントを抑えて時々あげてみましょう。

ドジョウがあまりエサを食べず太っていないようであれば、冬眠させないようにしよう

自然界で生活するドジョウは泥の中などに生息している種類の場合、泥の中に潜り込んで冬場の寒さと水位の低下をやり過ごします。

比較的飼育の簡単なドジョウは越冬も可能です。

越冬させることを念頭に飼育するならそのための準備をしましょう。

用意するのは以下のものです。

底砂

自然界を再現するのならば水槽の底に5センチほど、泥や細かい砂を敷きましょう。
泥を敷いてしまうと観察できない環境になってしまうため、川砂などがおすすめです。

大きな水槽

縦30センチ×横30センチ×高さ45センチ以上の水槽がおすすめです。
種類にもよりますが、ドジョウは体長10~15センチほどまで成長します。
大きめな水槽で飼育し、なるべく明るいところに水槽を設置して飼育しましょう。

水槽の蓋

ドジョウは夜間も活発に運動するため、勢い余って水槽から飛び出してしまうことがよくあります。
小さな隙間でも飛び出すことがあるため蓋をして対策をしましょう。

カルキを抜いた水道水

水質変化に気をつけつつ、水換えのタイミングを見計らって行いましょう。
汚れにもよりますが一週間に一度ほど水を換えましょう。

などなど上記のことも気をつけつつ住みやすい環境を作った上でドジョウと冬を迎えましょう。
迎える際はドジョウが冬眠する前にしっかりと準備ができているか気をつけます。
痩せてしまっていたりすると上手に冬眠を迎えられないため、エサを調整したりすることで冬眠ができる環境にしてあげます。

ドジョウの性格や飼育することのメリットとは

基本的にドジョウは孤独を愛する生き物です。

人(魚?)付き合いが苦手で、自分の容姿や泳ぎ方に自身が持てないのか引きこもりがちになることが多々あります。

おとなしい性格のため、ドジョウは他の種類の魚と喧嘩もせず混泳をさせることもできます。
しかし、一緒に飼育する場合は捕食されないように注意してください。

様々な種類の魚との混泳が可能なドジョウは実は日本ではあまり飼育が根付いていません。

日本ではドジョウといえば食材というイメージが強かったり、水槽に対して大きくなってしまいすぎるのではないかというイメージの影響で、なかなか飼育に踏み出す人が少ないのが現状です。

ですが、ドジョウは水槽の低層を生活場所にして水槽を掃除して回ってくれる働き者なのです。
なんでも食べてくれる雑食性は他の魚の食べ残しを食べるのに活躍し、結果水が濁る可能性をなくしてくれるので水質が保たれるのです。

ユニークな見た目のドジョウと程よい距離で付き合って、たまに豆腐などもあげつつかわいがってあげてくださいね。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 生活を便利にするアイデア