世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

試験の当日の朝にしてはいけない事したほうがいい事とは

2018.11.8

試験の当日、朝にはどんなことをしたらいいのでしょうか?してはいけないのはどんな事?

緊張や不安で、よく眠れなかった人はこんな方法で目覚めを良くするといいでしょう。試験の当日は、いつもは気にならないことが気になってしまったりついつい余計な事をしてしまいがちですが、それをしない事が上手くいくポイントのようです。その理由とは?

また、試験の当日の朝ご飯のとり方や最後の勉強方法についても紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

勉強がわからないとイライラする!そのストレスの根本にあるもの

勉強がわからないとイライラする! 誰でもそうです。 ものごとがうまくいかない時には、誰だって...

最近読んだ本はと面接で聞かれた時に看護系だとどう答えるべきか

面接で「最近読んだ本は何ですか?」と質問されることがあります。 看護学校の場合だと、看護や看護師と...

テスト勉強のやり方!苦手科目の勉強方法や進め方のコツ

高校受験に向けて日々勉強に励んでいる中学生は多いと思いますが、そのテスト勉強のやり方で本当に大丈夫で...

中一の国語の中間テスト対策!まずは漢字から勉強を始めよう

小学校とは違い、中学生になると勉強内容も難しくなり、テストで高得点を取るためにはどんな勉強をすればい...

高校で書いたノートや教科書は捨てる?捨てない?正解は〇〇!

高校時代、色々なことを一生懸命に勉強して、頑張ってノートを取っていましたよね。高校生の頃は後々ノート...

自己推薦書の書き方【高校進学】合格へ導くコツと注意点

自己推薦書の書き方に悩む高校受験生もいるでしょう。 でも、自己推薦書によって自分をしっかりアピ...

夜中に勉強していて空腹になった場合の対処法

夜中まで受験勉強をしていると、どうしても空腹になってしまいます。 何か食べたい!とは思っても、食べ...

眠いときは寝るのが一番!?仮眠は勉強の効果をアップさせる

眠いのを我慢して勉強していると、結局ウトウトしていて全然勉強が進まないものです。 そんなときは...

塾に行かないで大学受験をしてもいい人・よくない人の違い

塾に行かないで大学受験をして合格できる人とはどんな人なのでしょうか? もともと、頭が良いから?...

過去問は何年分前までするべき?大学受験の赤本の使い方

大学の過去問は何年分まで遡ってしたらいいのでしょうか?平均的には、このくらいの過去問を解いているよう...

受験が不安!メンタルが弱い人の克服方法と受験を乗り切る方法

これから受験を控えている受験生の皆さんは、志望校に合格することができるのか、不安な毎日を過ごしている...

教習所の卒業検定での流れや卒業後の流れや傾向と対策

教習所に入校して卒業検定まで、どんな流れなのか気になることが多いかと思いますが免許をもらうまでに、ド...

課題が終わらないから休むはアリ?嘘をついて休むことのリスク

課題が終わらないから学校に行きたくない!休むことにしたいと思っている人もいますよね。課題が終わってい...

テスト勉強で眠いときの対策と我慢できないときの効果的な仮眠法

テスト勉強中に眠いときはどうしたらいいのでしょうか? では、テスト勉強をしていて眠いときにオス...

鎌倉時代の武士の生活・家や結婚・食事・仕事・幕府について解説

鎌倉時代の武士がどのような生活をしていたのか知りたいという人もいますよね。学校で歴史の勉強をする時に...

スポンサーリンク

試験の当日の朝は何もしないが正解?

中学にもなると、試験であったり、定期試験であったり、緊張する瞬間があると思います。
そういう緊張する試験の日ですが、当日の朝にやった方がよいこと、またはやらない方が良いことってあるのでしょうか。

その答えになることですが、「いつもと同じことをする」です。

なんだ?って思われるかもしれませんが、いつもと同じ行動をとることです。朝、パンを食べているのなら同じくパンを食べる方が良いですし、朝ランニングをしているのなら、同じくランニングをする方が良いです。

同じことをしている方が、脳が落ち着き、いつもと同じ実力を発揮することができます。

また、「何かあったとしても、気にしない」ことです。

定期券を落としたり、朝から転んでしまったりしても、気にすることはありません。前向きに考えて、その日を過ごしていって下さい。

試験の当日の朝はスッキリ目覚めることが大切

先ほどは、試験の当日は、いつも同じことをした方が脳は実力を発揮してくれることをみてきました。

次に、睡眠についてみていきたいと思います。

試験の朝ですが、良い睡眠をとって、スッキリと起きることがベストだと思います。
試験だからといって、徹夜をしてしまうと、睡眠不足になって、脳機能が低下して、あなたが本来持っている実力を発揮できないと思います。

その為、前日もいつもと同じ時間に寝て、熟睡すること、そして試験の朝は脳をスッキリさせることが大切になってくると思います。

また、学校についたら、復習することをお勧めします。家でしても問題はありませんが、より試験に近い環境で復習する方が、場慣れすると思います。場慣れした方が、集中力も高まりますし、本番で実力を発揮できますよね。

また、脳を活性化させるためには、手をグーパと動かすことも良いようです。是非試してみて下さいね。

試験の当日の朝に食べるといいものとは?

試験の当日ですが、前日もいつも通りに寝て、熟睡すること、脳を休ませて当日はスッキリ目覚めることが大切なことをみてきましたよね。

次に、試験の当日の朝に食べるとよいものについてみていきたいと思います。

上記でも見てきましたが、試験の当日はいつもと同じ生活をする方が、脳が活性化します。
その為、試験の当日の朝もいつもと同じものを食べるのがベストです。

さらに、ここでプラスになる情報ですが、食べた後、2時間くらいは睡魔が訪れるので、試験が始まる2時間前位に食事を済ませておいた方が良いと思います。

集中力が上がるのは、少しおなかが空いている時です。その為、朝食の量を少し控えると良いかもしれませんね。

脳のエネルギーはブドウ糖なので、ご飯、パン、麺類を食べると良いと思います。果物ではバナナなどはいかがでしょうか。

試験の当日の朝は何を勉強したらいい?勉強方法とは?

試験の当日の朝は、いつも通りに食事し、食後、2時間は睡魔が訪れるので、試験開始の2時間前までに食事を済ませると良いことについてみてきました。

次に、試験の朝、何をしたら成績アップに繋がるのか。気になりますよね?ここで一緒にみていきたいと思います。

試験当日は「思い出す」練習をする

教科書を読んでも良いのですが、それよりも効果的なのは、「記憶を呼び起こす」ことです。
その為、単語帳を利用したり、家族や友達に問題を出したり貰ったりして、自分が覚えたことを呼びおこすトレーニングをするとよいと思います。
単語帳だったら、ちょっとした時間でも取り入れることはできますよね。

試験当日の朝は「声に出す」勉強をしよう

暗記系ですが、声に出していきましょう。朝から声を出すことによって、脳も活性化してきます。その為、教科書を読む際には、声に出して、記憶率をアップさせていきましょう。また、「書く」ことでも記憶率がアップします。

試験に遅れないように気をつけよう!当日の朝は時間に余裕を持つことが大切

試験の当日の朝にどんな勉強をしたら、試験本番で良い成績をとることができるのかについて触れてきました。

最後に、試験当日の朝に重要なことですが、遅れない為にも、余裕を持って会場に向かっていきましょう。

雪や雨などの天気の状況によって遅れることもあります。そんな事も見込んで、会場には1時間前、遅くても30分前にはつくように心がけましょう。

友達と一緒に行くこともあると思いますが、友達が遅れることもあると思います。その場合、先に行くということも前もって話し合っておくと良いと思います。

時間に余裕をもって会場に行くことで、気持ちにも余裕が出てくると思います。決して会場に遅れないように、注意して下さいね。

きっと当日の朝は不安な気持ちもあると思いますが、今まで勉強してきた自分を信じて、当日に自分の実力を発揮できることを信じましょう。

今まで頑張ってきたことに自信を持ち、本番に臨んでいきましょう。自信が優先です。緊張を吹き飛ばしていきましょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 勉強や学問に関する疑問