世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

高校の先生が怖い、怒られたくない、そんなときの対処方法

2018.10.18

どこの高校にも怖い先生がいるものです。そんな怖い先生とはどのように接したらいいのでしょうか?

担任であったり、教科の先生であったり、部活の顧問であったりと接する時間はそれぞれですが、できるだけ距離を取ったり注意をされないように過ごすといいのかもしれません。

怖い先生は誰に対しても厳しいことが多いので、自分だけではないと思うことも大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校に行きたくない気持ちを親に理解してもらえない時には

高校に行きたくないと思う気持ちを、親はわかってはくれません。 たとえ、わかっていたとしても『学校に...

学校校則はおかしいものもある!校則を守らなくてはならない理由

学校の校則の中にはおかしいと感じるようなものもありますよね。納得がいかないけど校則だから守っていると...

彼女彼氏が受験勉強を教えるのはお互いのメリット!受験生の恋愛

受験生だけど彼女がいる時、後ろめたいと感じる事もあるでしょう。ですが、彼女に勉強を教えると、お互いの...

田舎の高校生の恋愛事情!デートやオススメな場所やあるあるネタ

田舎の高校生と都会の高校生の恋愛に違いはあるのでしょうか。 田舎は人や学校が少ない為、出会う人...

サッカー部にイケメンが多いのはなぜ?サッカー部あるある

サッカー部はイケメンだらけ?なぜサッカー部はイケメンが多いのでしょうか? イケメンだからサッカ...

高3の夏休みは遊ぶことも忘れないで!勉強の他に大事な事とは

高3の夏休みは遊ぶ?それともガッチリ勉強する? 受験生なので遊んでいる時間は無い!と言われそう...

学校に行くのがだるいときの対処法だるいときには休むのが一番

学校に行くのがとにかくだるい。そんなときにはどんな対処法があるのでしょう? どうしてもやる気が...

証明写真の服装【大学】とは?おすすめなのはこの服装

大学に提出する証明写真を撮るときには、どのような服装にしたらいいのでしょうか? 受験票の写真が...

友達ができない…。高校生になってからの友達の作り方とは?

友達ができない? 中学校の頃はたくさん友達がいたのに、高校に進学して、気づくと自分がぼっち状態...

保育園に適した服装とは?0歳児は発達に合わせた服装で

最近は働くママも増えてきて、子どもが0歳児のうちから仕事に復帰する方も多いですよね。 そこで気にな...

友達の作り方のポイントは色々。中学で気の合う友達を作るコツ

中学に入学するのは期待と不安の両方があるでしょう。 勉強も大事ですが、友達が出来るかどうかも気にな...

高校で化粧がばれないナチュラルメイクのコツとスキンケア方法

高校でも可愛く化粧をしたいけど、ばれないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? では、高校...

高3の夏休みは遊びか勉強一筋かみんなの疑問、答えは自分の中に

高3の夏休みは勉強一筋なのか?それとも遊びも必要なのか? そんな疑問を抱いている受験生も多いは...

好きな人に近づきたい!違うクラスでも話しかける方法やポイント

違うクラスの好きな人に話しかけるにはどうしたらいいのでしょうか? 好きな人のクラスにお友達がい...

高校中退、その後の人生は?女性が陥りやすい就職先と回避法

高校中退。 様々な事情があって高校中退を考えている人。中退した人。 高校中退してからその後の...

スポンサーリンク

高校の先生がどうしても怖い、そんなときには相談してみよう!

高校に通っていると、怖い先生って存在すると思います。そんな時ですが、どうやって対応していけば良いのでしょうか。

適切な人に相談してみるのも良いと思います。両親であったり、教育委員会への相談も可能だと思います。

小学生、中学生、高校生であっても、頼れる人は、学校の先生だけではなく、親も入りますよね。親がしっかり話しを聞いてくれて、学校に連絡してくれても良いですし、校長先生に連絡することも手です。

それでも、という場合は教育委員会で対応してもらうことも大切になってくるのではないでしょうか。

他の先生に相談してみることも良いとは思いますが、他の先生への対応を面倒だと思う先生もいるので、解決してくれそうな先生を選ぶことが大切になってきますよね。

高校の怖い先生は一人ではなくみんなで対応!

高校で怖い先生がいる。そんな時ですが、一人ではなく、全員で対応してみたらどうでしょうか。

クラス全員で案をねって、その怖い先生を怒らせないようにすることも一つの手かもしれません。

その怖い先生を怒らせる要因がある生徒も存在するケースもあると思います。そんな時ですが、その先生を怒らせないように気をつけることも大切かもしれませんね。

また、先生側からすると、授業を真面目に受けていないので、怖い態度をとっていることもあると思います。その場合ですが、クラス全体として、真面目に授業を受ける態度を見せることで、問題が解決していくのではないでしょうか

生徒側も、苦手な授業となると、集中力が欠けてしまったり、ついてけずに、つい退屈な態度をとっているのかもしれませんよね。ここは一つ、生徒側も真剣に授業を受ける姿勢を身に着ける必要があるのかもしれません。そうすることで、先生も変わってくるかもしれません。

高校の先生の声が大きくて怖い…。そんなときには?

高校の先生ですが、声が大きくて怖いと感じることもあると思います。そんなときにはどう対処していけばよいのでしょうか。

声が大きい理由が「怒られる」ことにあるのだとしたら、先生が怒る理由があると思います。その理由がわかっているのであれば、怒られない努力をすることが答えなのではないでしょうか。

でも、高校の先生が元から声が大きかったりすることもあると思います。そのようなケースですが、「気にしない」ことも大切なのではないでしょうか。

今はまだ学生なので、相手は「高校の先生」ですが、社会にでると、もっとどうして怒られているのかわからない状況になることもあると思います。

そう思うと、高校で怒ってくる怖い先生がいることも、その後の人生のより大きな試練を乗り越えるための必要なテストと捉えることもできるのではないでしょうか。

ある程度は気にしないことも大切なのかもしれません。

高校の怖い先生とはできるだけ距離をとるのもひとつの方法

高校で怖い先生がいるときの対処法を見てきましたが、別の対処法として、できるだけ距離をとることも良い方法の一つなのではないでしょうか。

あまりビクビクしているのもよくない可能性もあるので、自分が「この先生怖いな」と感じていたら、必要以上に接点を増やさないこともうまく高校生活を送る鍵のようなものかもしれません。

自分が「この先生怖いな」と思う先生との接点を減らして、味方になってくれそうな先生をみつける、自分がいて安心する先生との接点を増やすことも大切かもしれません。

どうしても、「この先生、怖すぎる、もう無理」と感じるのであれば、少し休憩をいれることも大切かもしれませんよね。あまり無理をしすぎることは禁物です。

先生も色んな人がいますから、助けてくれる先生を見つけることも、学校へ行きやすくなる一つの秘訣ではないでしょうか。

先生に注意を受けたり怒られてしまったときの対処方法

高校に通っていると、誰もが経験することかもしれませんが、先生に注意を受けたとき、怒られたときの対処法を考えていた方が精神的にも楽かもしれません。

ここで少し抑えておきたいのが、あなたが感じている「怖い先生」も同じ人間だということです。

先生も生活がありますから、プライベートでイライラすることもありますし、完璧な性格を備えた人はいません。なので、要点をいうと、先生から怒られた時は「そんな日もある」と割り切ることも高校生活を有意義に過ごす秘訣なのかもしれません。

また、怒られたことを友達であったり、家族に聞いてもらうことで、心が軽くなることもありますし、また、怒られた原因がハッキリしているのなら、その原因を反省して、同じ間違いを起こさないように努力してみることも大切になってきます。

日記などをつけて、自分の反省点や対策を書いていければよい対処法の一つかもしれませんね。怒られないように努力することも、より良い高校生活を送れるコツなのかもしれませんよね。

 - 学校生活に関する疑問