世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

好きな人と違うクラスに…一日一回視界に入り自分アピールを!

2018.10.6

好きな人と違うクラスになってしまった…。

諦めないで!クラスが離れても好きな人に自分の存在をアピールする方法はたくさんあります!

まずは、一日に一秒でも好きな人の視界に入り込むこと!
好きな人の脳に、自分の存在をインプットし続けることを忘れないでくださいね。

他には、同じ委員や部活で活動するというのも有効です。

あとは、相手の視界に入った時に印象に残りやすいよう、自分磨きも忘れないでね。

好きな人へのアピール方法やそのコツ教えちゃいます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

生徒会の応援演説のコツとは?中学生徒会選挙を盛り上げる!

中学の生徒会選挙で友達の応援演説を頼まれて、いろいろと悩んでいる人もいるのではないでしょうか? ...

好きな人と学校で話せない時に出来る事や話しかけるコツを紹介

好きな人と学校で話しがしたいけれど、上手く話せないという女子は案外多いものです。 好きな人と仲...

高校で帰宅部の女子!みんなの意見やメリットをみてみよう!

女子高校生の皆さん!部活に入っていますか? 中には帰宅部という人もいますよね。 部活に入って...

私立高校の入学金は返還されないものだと心得よう!

第一志望を公立高校にし、滑り止めとして私立高校を受験することがあります。 併願で私立高校を受けるの...

友達ができない…。高校生になってからの友達の作り方とは?

友達ができない? 中学校の頃はたくさん友達がいたのに、高校に進学して、気づくと自分がぼっち状態...

修学旅行のホテルの楽しみ方で盛り上がる持ち物やオススメとは

修学旅行と言えば、夜のホテルの自由時間が楽しみという人も多いのではないでしょうか。 では、修学...

先生が怖いと悩む中学生へのアドバイスと解決へのヒント

先生が怖い・・・と中学校が嫌で悩んでいませんか? 小学校と中学校の先生とでは印象も違いますし、指導...

部活とバイトはどっちを選ぶべき?様々な意見をご紹介します

高校生活において、部活とバイトどっちをするべきか迷う人もいることでしょう。 部活は学生の今しか...

大学院生のバイト事情について。文系の場合の体験談

大学院生は忙しいというイメージや、金銭的に余裕があるのでバイトはするの?と思われていることが多いよう...

迷ったらコレ!高校の合格祝いで女子が喜ぶプレゼント!

女子に高校の合格祝いを選ぶとき、もう子供ではない微妙なお年頃にナニを選んだらよいのか困ってしまいませ...

大学に行かないと後悔する?後悔しない進路選びと考え方

高校2年頃から徐々に卒業後の進路について考えいきますが、大学に行った方がいいのかどうしようかと悩むこ...

高校の先生が怖い、怒られたくない、そんなときの対処方法

どこの高校にも怖い先生がいるものです。そんな怖い先生とはどのように接したらいいのでしょうか? ...

高校中退、その後の人生は?女性が陥りやすい就職先と回避法

高校中退。 様々な事情があって高校中退を考えている人。中退した人。 高校中退してからその後の...

友達の作り方のポイントは色々。中学で気の合う友達を作るコツ

中学に入学するのは期待と不安の両方があるでしょう。 勉強も大事ですが、友達が出来るかどうかも気にな...

証明写真の服装【大学】とは?おすすめなのはこの服装

大学に提出する証明写真を撮るときには、どのような服装にしたらいいのでしょうか? 受験票の写真が...

スポンサーリンク

好きな人と違うクラスに。アピールするには彼の目にとまるような存在に!

好きな人と同じクラスであれば、席が近くなったり班が一緒になったりなど、何かと接点は多いものです。しかし、好きな人が違うクラスにいる場合には接点すらも無く、どうアピールして良いものか悩んでしまいますよね…。

そんな場合は、まずは彼の目にとまる存在になるよう努力してみましょう。その為には、やっぱり可愛い方が当然有利です。彼も「あの可愛い子は誰だろう…?」なんてきっと興味がわくはず。

可愛くなるにも色々方法はあります。雑誌のモデルさんやクラスの可愛い子などを参考にして、可愛いを磨きましょう!

そして、接触する機会が多ければ多いほど彼もあなたのことを意識するはずです。もし会話も出来るような関係になった場合には、挨拶でも良いのでとにかく毎日接点を持って、彼にあなたを印象付けることが大切になります。

心理学的にも、接触する回数は多ければ多いほど相手に好意を抱くものとされているんですよ!

好きな人と違うクラスでもアピールするには、同じ委員会や部活で活動する!

好きな人と違うクラスになってしまった場合、なかなか接点が無くて距離を縮めるのも難しいですよね。でも、コミュニティはクラスだけではありません!彼と同じ部活や委員会に入って、自分から接点を作りましょう。

ただ部活動に関しては、好きな人がいるからという理由で途中から入部するのも、少し大変かもしれません…。その点、委員会に関してはみんながやりたいと思うようなものでもないので、入りやすいかもしれませんね。

彼が委員会に入ったという情報を入手した場合はチャンスですよ!委員会はクラスの代表が数名集まる程度ですので、学年全体でも少人数なので話す機会も多くあります。

ここで連絡先を聞けたらラッキーですね!クラスが違うことなんてもう関係ありません。

ただ、連絡先を聞けたからといって積極的になりすぎるのもNGです。すぐに告白されたり好意を見せられると、彼も思わず距離をとってしまう可能性もあります。

気になってる程度の素振りを見せるのが良いでしょう。そうすることで、彼もあなたのことが段々と気になってくるはず…。

好きな人と違うクラスだけど自分の存在をアピールするには目ヂカラでしょ!

「目は口ほどにものをいう」なんていう言葉がありますが、好きな人に好意を伝える際は目ヂカラを使うのもとても効果的です。

相手を見つめることで、「あなたのことが気になっています」という好意を伝えることが出来るのです。しかし、やり過ぎると相手も「ジロジロ見られている」「怖い」なんて感じてしまう可能性があるので要注意!

じゃあどうすれば良いのかというと、まずは彼と目が合うまでチラ見を続けてください。そして目が合ったと思ったら、視線を逸らすのです。それを2~3回繰り返します。

そうすると次は、彼の方があなたのことが気になって見てくるはず。そうして目が合った際には、ニコッと笑顔で返しましょう。

きっと彼は恥ずかしいと感じることでしょう。しかし同時に、あなたのことが強く印象に残るはずです。

そして会話をする際にも、目ヂカラはとても重要になります。この場合もずっと相手を見つめるというのでは無く、語尾で首を傾けながら相手の目を見ればドキッとしてもらえるでしょう。

会話はきっかけさえあればいいのです!

好きな男子が既に友達というのであればいくらでも話すきっかけはありますが、一度も話したことが無いような相手であれば、まずはきっかけを作るところから始めなくてはいけません。

作戦の一つとして、好きな人の前で物を落とすという方法があります。一人で拾えるものではなく書類や数本のペンを落とすなど、一緒に拾ってもらえるようなものを落とすことをおすすめします。ハンカチ1枚を落としても、気付いてすらもらえなくて寂しい思いをする可能性もありますからね…。

そして、この作戦は演技力が欠かせません。明らかにわざと落としたことがバレると、逆に変な人という目で見られてしまう可能性があるので要注意です…!

その他にも、好きな彼と同じクラスにいる女友達に話しかけに行って、きっかけ作りをするという方法もあります。わざと彼の前を通って「ごめん、ここ通るね~」なんて言えば、彼の印象にも残るかも?

もし彼が部活動をしているのであれば、放課後バッタリ会った時には何気なく「部活楽しい?」なんて聞いてみても良いかもしれません。突然話しかけられてビックリするかもしれませんが、それでも部活が好きな男子であれば嬉しそうに答えてくれることでしょう

好きな人と違うクラスなら友達を通して自分をアピールしちゃおう!

好きな人が違うクラスかつ、その好きな人とはまだ友達ですら無いとなれば、どうアピールしたら良いものか頭を悩ましてしまいますよね。

そんな時はまず、その好きな人に仲の良い友達がいないかどうかをリサーチしましょう。もし好きな人と仲の良い友達というのが、自分の友達でもあればラッキーです!

その友達と仲良くすることで、好きな人の情報を入手することが出来たり、もしかしたら一緒に遊びに誘われることもあるかもしれません。

休み時間には好きな人のクラスに積極的に遊びに行き、友達に会いに来ているという口実のもと彼の目にとまるよう意識してみましょう。

時には友達に協力をお願いするのも良いでしょう。例えば好きな人が勉強で困っている場合は、友達から「私の友達で勉強得意な子いるよ!教えてもらいな!」なんて言ってもらうのです。出来るだけ自分の名前を出してもらうようにして、あなたのことを印象付けてもらいましょう。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 学校生活に関する疑問