世の中の情報を再調査

SOCIAL MEDIA

世の中の情報を再調査│RealWorldReserch

大学の入学手続きは親同伴が普通?親の行動について

2018.4.16

大学の入学手続きでこれまでは親任せだった諸々の手続きを始めて子供が自分でやるという家庭も多いでしょう。

しかし、大学の入学手続きを親が代わりに手続きをしたり、手続きに親が付いて行く事も珍しくありません。

手続きのための準備は親が手伝った方がスムーズな場合もありますし、入学手続きや遠方から入試を受ける子供に親が付き添うことにメリットもあります。

そこで、大学入学手続きに親が介入することについてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校の吹奏楽部は初心者にもオススメな魅力と予備知識とは

高校の吹奏楽部に入りたいけど初心者だから無理なのではと諦めていませんか? もちろん、高校の吹奏...

大学に行かないと後悔する?後悔しない進路選びと考え方

高校2年頃から徐々に卒業後の進路について考えいきますが、大学に行った方がいいのかどうしようかと悩むこ...

友達の作り方のポイントは色々。中学で気の合う友達を作るコツ

中学に入学するのは期待と不安の両方があるでしょう。 勉強も大事ですが、友達が出来るかどうかも気にな...

証明写真の服装【大学】とは?おすすめなのはこの服装

大学に提出する証明写真を撮るときには、どのような服装にしたらいいのでしょうか? 受験票の写真が...

文化祭の出し物はダンボール迷路!名前の付け方のコツを教えます

高校生活最後の文化祭となると、思い出に残る出し物を計画したいと考える人も多いでしょう。 出し物...

ガーゼハンカチにワンポイント刺繍!接着芯を使う失敗しない方法

お子様用のハンカチとしてガーゼのハンカチを使うこともありますよね。そんなガーゼのハンカチにかわいい刺...

大学院生のバイト事情について。文系の場合の体験談

大学院生は忙しいというイメージや、金銭的に余裕があるのでバイトはするの?と思われていることが多いよう...

部活を辞めると内申点に響く?部活と内申点の関係性について

受験が迫り勉強が追いつかなくなると、部活との両立に悩んでしまいます。 でも、部活を途中で辞めると内...

高校卒業後は就職より進学するべきか選択を考えるポイントとは

高校卒業後は就職するより大学に進学するという人が最近では多いかもしれませんね。 では、高校卒業...

保育園に適した服装とは?0歳児は発達に合わせた服装で

最近は働くママも増えてきて、子どもが0歳児のうちから仕事に復帰する方も多いですよね。 そこで気にな...

授業中にスマホをいじってもばれない方法とは?徹底解説!

退屈な授業中はスマホをいじって時間を潰したくなりますよね。 先生に見つかったら怒られることはわ...

高校の体験入学の服装は制服?服装のポイントと必要な持ち物

高校受験を控えている中学生の皆さんは、進学したい高校を決めるためにも高校の体験入学に参加することがあ...

好きな人に近づきたい!違うクラスでも話しかける方法やポイント

違うクラスの好きな人に話しかけるにはどうしたらいいのでしょうか? 好きな人のクラスにお友達がい...

学生証の写真を撮る時に、気になる服装や髪型やメガネについて

学生証に使う写真を撮ることになった場合に悩むのがどんな服装をしたらいいのか?ということがありますね。...

高校に行きたくない気持ちを親に理解してもらえない時には

高校に行きたくないと思う気持ちを、親はわかってはくれません。 たとえ、わかっていたとしても『学校に...

スポンサーリンク

大学の入学手続きの書類は親が記入しても良い?

そうせざる負えない事情があれば問題ないでしょう。
国立後期受験のためなどで、自宅を離れているなどの事情があれば、転送など無理をしてまで無理に本人の自筆が求められるわけではありません。

締め切りまでに提出することを優先するべきと言えます。
ただ、自筆と指定されている箇所がある場合は、それは必ず自筆が必要となるのでご注意ください。

始めてのことは子供はもちろん、親もわからないことがあって当然です。

入学手続きの書類に関しては、誰が書いたか審査されるわけでもありません。従って親が記入しても誰が書いても問題ないという事になりますが、できれば保証人欄以外はお子さん本人が書くべきでしょう。

これからの事を考えれば、書類に書くことに慣れておいた方がお子さんの為になります。大学に入るんだという自覚も芽生えるでしょう。

大学の入学手続きに親が一緒に行くと言ったら?

大学の入学手続きの際に両親から「一緒についていってもいい?」と言われたら、あなたならどうしますか?
大丈夫、一人で行くから!という方もいると思います。

両親と一緒に行くのは、これから大学生になるのに恥ずかしいという気持ちもありますよね。

あなたの気持ち次第かもしれませんが、ご両親と一緒にいっても周りの目を気にする必要はありません。
なぜなら今は親と一緒に入学手続きにくる学生が多いからです。

むしろ一人で来る人の方が少ないかもしれません。
親はこれから子供が入学する大学に興味深々です。普段は中々入れない大学に興味があるものなのです。

だからもし両親がどうしても一緒に行きたいというのでれば、断らなくてもいいのではないでしょうか。
恥ずかしがる必要はありませんし、一人で大学内を歩くよりも寂しさはなくなります。

また、入学式時期に一人で大学内や大学近くを歩くと、声をかけられやすいとも言われています。
春は勧誘してくる時期でもあるので、ターゲットにならない為にも一人で行動するのは避けた方がいいかもしれませんね。

親もチェック!大学の入学手続きに必要な準備について

大学に合格後は手続きがたくさんあります。
学費の振込や必要書類の提出など書類は山積みです。

学費を大学指定の口座に振り込むのですが、ほとんどの場合、入学金と初年度授業料の半分を納入します。
一括と二段階にわけて納入する方法の2つありますので、どちらを選ぶかまずは慎重に検討すべきです。併願している場合は要注意。

一括はまとめて払う方法ですが、二段階方式は締切日が2回設けられています。1回目で入学金、2回目で残りの費用を払う方法になりますので、もし複数の大学や学部を併願しており、結果を見てから進学先を決めるのであれば、一括方法ではなく二段階方式を取った方が安心です。

合格通知書と同時に入学手続きに関する書類が送られてきます。必要書類に記入し、高校の卒業証明書や住民票などを添えて大学に提出します。

必要書類は大学によって違うのでよく確認しましょう。

卒業証明書は申請してから発行されるまで数日かかりますので、何がいつまでに必要なのかも確認しておく必要があります。

大学の入学手続きや準備にはお金が掛かる!金銭的に慌てる親もいる!

新生活を始めるにはかなりのお金がかかります。

入学式に着るスーツはもちろん、大学生活にはパソコンが欠かせませんし、教科書の購入から何から何までとにかくお金がかかります。

自宅から通う場合でも、平均で約50万円はかかるといわれています。
自宅外から通う場合はその倍!住居費や引っ越し費用、生活用品など100万円以上かかります。
大学入学時は相当な金額が必要になりますので、大学進学を視野に入れているなら、早い段階から資金計画を立てる必要があります。

合格してから慌てても遅いのです。

自宅外通学者には仕送りをするのが一般的ですが、平均額は月額7.6万円だそうです。
年平均でいうと約92.1万円です。

奨学金を受ける家庭も増加しており、卒業後奨学金返済に苦労する方も増えています。

お子さんが自宅外通学になる可能性があるのであれば、奨学金や教育ローンの仕組みついて勉強する必要はありそうです。

大学の入試に付き添う親が増えている!親同伴のメリットとは

大学受験に親が同伴するメリットはあります。

1つは、親が同伴することによって子供が落ち着いて受験できるということ。
慣れない土地に一人で向かって受験するのは不安なものです。
親は子供が朝起きれるかどうかが気になりなるものです。そういった不安も、一緒に同伴することで受験に行く姿を見届けることができて安心です。
子供も親が側にいるだけで心強いものですし、落ち着いて受験できるメリットがあります。

もう1つは、大学や周辺の環境を親も確認できる点です。
合格したらこの先4年間通うわけですから、どういった大学なのか、また大学周辺の環境などについても親は知りたいところ。
ひょっとするとこれが受験に付き添う目的の一番のメリットかもしれません。

子供がいずれ住むかもしれない街を見ることができますし、大学周辺のアパートや公共施設を確認することができます。
目星をつけておけば、合格発表後にすぐ住居探しもできます。

この記事の編集者

ウェブサイト管理者

ウェブサイト管理者

当サイトは様々な情報を調査した内容を公開するサイトです。日々の生活のちょっとした疑問などの参考程度にご利用いただければ幸いです。

WEB SITE : https://real-world-reserch.jp

 - 学校生活に関する疑問